医師の仕事はとてもハードであり、家を開ける時間も一般のサラリーマンなどと比べれば、かなり多くなるのではないでしょうか。特に病院に勤務していると当直なども定期的にあるため、家族とすれ違いの生活を余儀なくされることも珍しくはないでしょう。
医師が家庭を壊さないようにするためには、とにかくコミュニケーションを取ることが重要です。コミュニケーションがなくなれば、顔は合わせていても精神的な距離が遠くなり、やがて家族も不満を募らせてしまいます。短い時間でもいいですから、会ったら必ずコミュニケーションを取る努力をする、これが家庭を崩壊させない最大のコツとなることは間違いありません。

きちんと話し合いの場を儲けることが大切

コミュニケーションの基本は会話です。転職中の医師は、特に転職の話に関して積極的に会話の中に取り込んでいきましょう。家族には隠し事をしないのも関係性を保つためには重要な要素ですが、転職中の医師が転職の話をほとんどしないとなると、家族もそれに関してどうリアクションをすればいいのかわからなくなってしまいます。ましてや、転職すること自体を隠していては、自ら家庭を壊しにいっているようなもの。
正直に話すこと、もし家族から反発などがあれば、徹底的に話し合いの場を設けることも忘れないようにしてください。

医師はとても激務であり、転職活動中であっても病院を辞めずにそれを進めていっているのであれば、その激務と転職活動の両立でさらにハードな毎日を送ることになります。そのような状況ではどうしても話し合いの場から逃げたくなってしまうものですが、そこで冷静にコミュニケーションをとってこそ、家族の絆というのは強まるもの。
口では文句を言っていたり冷たい態度をとっていても、実はそれらの態度が寂しさからくるものであることも珍しくありません。
激務に追われているからといって、家族の抱くその寂しさに気づいてあげられなければ、家庭は崩壊に向かっていってしまうでしょう。

転職中の医師にとって、非常にナーバスな時期であることはもちろんわかりますが、そんな時期にこそ家族の精神的なケアは欠かせず、それこそが医師が家庭を守りながら仕事をする、あるいは転職を成功させるためのコツであり重要なポイントとなるのです。

一人で抱え込まずに家族に状況を伝える

転職の話で言えば、詳細な報告も怠らないようにしたいところ。転職状況はどうなのか、今後どのような医療施設で働くことになりそうで、そこは今までの環境とはどう変わるのか、こうした細かな部分を伝えるのと伝えないのとでは大違い。途中経過も含め、家族も一緒に転職活動に参加できるような状況を医師自ら作り上げてあげましょう。
このようなきめ細やかさを見せれば、医師が家庭を崩壊させてしまう心配はありません。

  • 1