その場限りの転職では意味がありません。医師は需要も多く、転職先を見つけるのにそこまで困ることはありませんが、キャリアがより良いものになるかどうかは、転職活動にどう取り組むかで変わってきます。
もし転職に失敗してしまえば、医師として働き続けることはできたとしても、思い通りのキャリアを作り上げていくことは難しくなってしまうでしょう。

医師の転職はその道のプロに相談しよう

ただ医師を続けるだけではなく、思い通りの、あるいはそれ以上のキャリアを構築したいのであれば、求人サービスを積極的に利用し、特に医師の転職に特化したエージェントに相談することは必須です。
このような求人サービスを利用するのとしないのとでは、医師としての将来の形も全く異なるものになると思っておかなければいけません。また、人生の目的を達成できるかどうかももちろん、求人サービスを利用するか否か、あるいは利用の仕方にかかっています。

転職エージェントのコンサルタントに相談するときには、将来のキャリアプランや人生の目的などについてもしっかりと伝えるようにしましょう。もちろんこれらはコンサルタントから聞かれるものでもあるのですが、そのときに漠然としたものではなく明確な将来像、そして目的を伝えられるようあらかじめ整理しておくことが大切です。
転職中の医師は、そもそもそれらを明確にしておかなければ、求人を探すのにも苦労しますし、面接時などに自らをアピールするのにも苦労することになるでしょう。
転職先に妥協しないようにするためにも、明確なビジョンを持っておくことが求められます。

求人サービスは複数利用するのも一つのコツ。1人のコンサルタントの持つ情報は決して少なくないものの、それが全てでもありません。コンサルタントが変われば、もっと言えばエージェントが変わることによっても、より多くの情報を得ることができるようになるのです。

焦りは禁物、将来をきちんと見据えた選択を

転職中の医師は、ときに焦りがち。転職活動期間は確かに短い方がいいのですが、医師としてのキャリアを長い目で見たときには、ある程度の時間をかけてでも失敗を回避することの方が重要です。
何度も相談をし、自分のことをコンサルタントに理解してもらうことも忘れないでください。相手が自分を理解してこそ生まれるのが、自分と求人とのベストなマッチングです。
マッチング自体はコンサルタントが行うものですが、それは自ら持ちかける相談内容とその後のコンサルタントとのコミュニケーションによって生まれるものだと認識すれば、それにどれだけ協力的になれるかで転職結果が変わってくることも理解できるのではないでしょうか。

その場限りではなく、ただ現状から逃げるのではなく、先を見据えた転職活動を心がけてください。それが必ず将来の自身のキャリアにプラスに作用するはずです。

  • 1